令和5年度補正予算が成立 雇用保険の助成金の見直しも決定

令和5年11月下旬、令和5年度の補正予算が成立しました。これを受けて、それを財源として実施されることになっていた雇用保険法に基づく助成金の見直しが決定しました。その概要を確認しておきましょう。

【対象となる助成金と施行時期】

1 産業雇用安定助成金の見直し[令和5年11月29日~]

産業連携人材確保等支援コースの新設*1、事業再構築支援コースの廃止

2 両立支援等助成金の見直し[令和6年1月1日~]

出生時両立支援コース助成金の見直し、育児休業等支援コース助成金の見直し、育休中等業務代替支援コース助成金の新設

3 キャリアアップ助成金の見直し[令和5年11月29日~] 正社員化コース助成金の見直し*2

<新設された産業連携人材確保等支援コースの概要:上記の*1>

景気の変動、産業構造の変化その他の理由で事業活動の一時的な縮小を余儀なくされた事業主が、生産性向上に資する取組等を行うため、当該生産性向上に資する取組等に必要な新たな人材の雇入れた事業主を助成するもの。

助成額→計250万円/人(中小企業以外180万円/人)……一事業主につき対象労働者5人分が限度

<正社員化コース助成金の見直し〔拡充〕の概要:上記の*2>

このコースは、有期契約労働者等の正社員への転換等の措置を講じた事業主を助成するもの。特定の要件を満たした事業主に対しては、加算措置が講じられる。今回、助成額の見直し、対象となる有期雇用労働者の要件の緩和などが図られた。

例)基本的な助成額の引き上げ→支給対象期間をこれまでの「6か月」から「12か月」に拡充し、助成額を次のように見直す

企業規模 これまで 見直し後
中小企業 1期(6か月)で57万円 2期(12か月)で80万円
中小企業以外 1期(6か月)で42.75万円 2期(12か月)で60万円

※上記は、「有期から正規」の場合の助成額。「無期から正規」の場合は左記の半額。

※その他、特定の要件を満たした場合の加算措置あり(加算措置の新設や増額も実施)。

関連記事

  1. 雇用調整助成金の解説動画
  2. 「月次支援金の延長」について
  3. キャリアアップ助成金 賃銀規定等改定コース
  4. 令和6年1月から両立支援等助成金に新コース! 育休中等業務代替支…

文字サイズ変更

   

最近の記事

PAGE TOP