令和6年度(2024年度)厚生労働省予算の概算要求

  • 一般会計総額は「33兆7,275億円」となっています(過去最大)。

そのうち、年金・医療等に係る経費が31兆8,653億円を占めています。

  • 今回の概算要求では、次の3点を柱とし、重点的な要求を行うこととされています。

・今後の人口動態・経済社会の変化を見据えた保健・医療・介護の構築

・構造的人手不足に対応した労働市場改革の推進と多様な人材の活躍促進

・包摂社会の実現

  • このうち、企業実務に特に関連があるのは、『労働市場改革の推進と多様な人材の活躍促進』といえます。主な項目には、次のようなものがあります(抜粋)。

〔  〕は令和5年度当初予算額

○最低賃金・賃金の引上げに向けた中小・小規模企業等支援、非正規雇用労働者の正規化促進、雇用形態に関わらない公正な待遇の確保➔677億円〔625億円〕

○リ・スキリングによる能力向上支援➔1,468億円〔1,379億円〕

○個々の企業の実態に応じた職務給の導入➔0.6億円〔 ― 〕

○成長分野等への労働移動の円滑化、人材確保の支援➔619億円〔614億円〕

○フリーランスの就業環境の整備➔6.2億円〔3.8億円〕

○「多様な正社員」制度の普及促進、ワーク・ライフ・バランスの促進➔147億円〔141億円〕

○ハラスメント防止対策、働く方の相談支援の充実、働く環境改善等支援➔144億円〔122億円〕

○仕事と育児・介護の両立支援➔200億円〔162億円〕

○多様な人材の就労・社会参加の促進➔955億円〔945億円〕

○就職氷河期世代、多様な課題を抱える若年者・新規学卒者の支援➔801億円〔738億円〕

○女性の活躍促進に向けた施策➔2,181億円(これは、全体の施策のうち、女性活躍促進に関連する事業をとりまとめたもの)

☆ やはり、最近話題の政策には、多くの予算が要求されていますね。

要求どおりに予算が成立するのか? 具体的にはどのような施策となるのか?

その動向をチェックしておきます。

 

関連記事

  1. コロナ借換保証
  2. テスト 投稿
  3. 商工中金の民営化
  4. 注意喚起(個人情報がAIの学習データとして利用されていませんか?…
  5. 8月のマンスリーレポート
  6. 令和4年度雇用保険料率のご案内
  7. 商工中金の完全民営化 -改正商工中金法成立-
  8. 「年収の壁・支援強化パッケージ」

文字サイズ変更

   

最近の記事

PAGE TOP